センゴク!!! 戦国時代のDBサイト

本多忠勝 ( 1548 - 1610 )

本多忠勝

1548年、本多忠高の長男として三河国で生まれる。
桶狭間の戦いで今川義元が横死した後、独立した徳川家の元で武功を重ね徳川四天王の一角として地位を築いていく。
姉川の戦いでの単騎駆けを敢行や、三方ヶ原の戦いでは山県昌景を撃退、長篠の戦いでの高天神城奪還など敵軍にも賞賛される活躍を重ね、本能寺の変時には家康と共に堺にいたが取り乱した家康を沈めて伊賀越えを行ったとも言われる。有名な話としては忠勝は生涯で参加した合戦は50回以上に及んだが、いずれの戦いにおいてもかすり傷一つ負わなかったと伝えられている
豊臣政権になり家康が関東に転封された後には、井伊直政に続く家中2位の10万石を与えられる。
関ヶ原の戦いでも、工作への参加や多くの武功を上げるが、徳川政権樹立後は病も患い中枢から遠ざかるようになる。
1610年に63歳で生涯を閉じた。

本多忠勝の詳細情報

  
  • 氏名:本多忠勝
  • かな:ほんだただかつ
このエントリーをはてなブックマークに追加

本多忠勝が所属した家

本多忠勝が関連する戦

1575年06月 長篠の戦い
1575年に三河国長篠城で勃発した織田信長・徳川家康の連合軍と、武田勝頼の間で行われた戦い。織...
1570年03月 姉川の戦い
近江国姉川の流域で行われた織田,徳川連合軍と浅井,朝倉連合軍との戦い

本多忠勝が登場した演じた俳優・ドラマ

トップへ戻る