センゴク!!! 戦国時代のDBサイト

真田昌幸 ( 1547 - 1611 )

真田昌幸

1547年、真田幸隆の三男として生まれる。幼名は源五郎。7歳で甲斐の武田家への人質として武田晴信(武田信玄)の奥近習衆として活動した。
信玄からは早い時期から父幸隆だけでなく昌幸も才を見出し、次第に重用していった。
信玄の西上作戦にも参加し、三方ヶ原の戦いにも従軍するが信玄が病没し勝頼が武田家を継いだ翌年に、父の幸隆が死去する。その後、長篠の戦い兄の信綱と昌輝が討ち死にしたため、真田家の家督を継ぐ事となる。
織田家の甲州討伐による武田家滅亡の後には織田家の家臣となり、滝川一益の与力に組み込まれるが直後に本能寺の変が発生。甲斐・信濃の旧武田領は徳川、上杉、北条を巻き込み熾烈な領土争いに発展していった(天正壬午の乱)。織田家は美濃方面へ撤退し武田家も滅びているため昌幸はこれを機に独立を図ることとなった。
昌幸は徳川や上杉、北条等巧みに駆け引きを行い争いながら沼田を中心に領土を確保していった。徳川家康による上田城攻めも少ない手勢でありながら、抗戦し徳川家に大きな損害を出し守り抜く(第一次上田合戦)。
豊臣政権樹立後が次男信繁(真田幸村)を豊臣家へ出奔させ、豊臣家に臣従し伏見城の普請を命じられ昌幸も上京した。
秀吉の死後、家康と石田三成の間に関ヶ原の戦いが起こると昌幸は信繁と共に西軍につき、徳川家家臣の本多忠勝の娘(小松姫)の夫となっていた長男の信幸は東軍につかせた。徳川秀忠率いる軍勢は昌幸の籠もる上田城を攻めたが、徹底して抗戦により城を守り抜いた(第二次上田合戦)。
関ヶ原の戦いは東軍が勝利を収め、昌幸と信繁は死罪を言い渡されるが、信幸と忠勝の懇願により高野山への蟄居となった。10年余り続いた流人生活は昌幸を弱らせ、1611年に九度山で病没した。享年65歳であった。

真田昌幸の詳細情報

  
  • 氏名:真田昌幸
  • かな:さなだまさゆき
このエントリーをはてなブックマークに追加

真田昌幸が所属した家

真田昌幸が関連する戦

1585年08月 上田合戦(第一次)
本能寺の変後に信濃へ侵攻する徳川家康に対し、信濃国の上田城を守る真田昌幸との間に生じた戦。
1600年09月 上田合戦(第二次)
関ヶ原の戦いの際に西軍についた真田昌幸・信繁(幸村)と徳川秀忠の間に発生した戦である。

真田昌幸が登場した演じた俳優・ドラマ

トップへ戻る