センゴク!!! 戦国時代のDBサイト

毛利輝元 ( 1553 - 1625 )

毛利輝元

1553年、毛利隆元の嫡男として安芸国吉田郡山城で生まれる。幼名は幸鶴丸。
父の隆元が早くに死去したため、祖父の元就が実権を再び握り元就に死後に毛利家の家督を継ぐことになる。
元就の子であり重臣である小早川隆景と吉川元春両名の補佐を受けながら政権を運営していく。(毛利三本の矢が有名)
畿内で勢力を広げる織田信長の侵攻を受けるが、本能寺の変が起き毛利攻めは頓挫する。羽柴秀吉と柴田勝家の対立時には輝元は中立の立場を貫くが秀吉が勝ち豊臣政権を築く際には秀吉に接近し、四国攻めや九州討伐で大きく貢献し112万石の所領を安堵された。
豊臣政権樹立後には朝鮮出兵にも参加、1597年は秀吉から五大老の一人に任命される。
秀吉の死後、徳川家康と石田三成の対立により勃発した関が原の戦いでは西軍の総大将として擁立されこれを受けるが、戦では不戦を貫き吉川広家、黒田長政、井伊直政らの調整により、毛利家の取り潰しは免れた。
その後は隠居の身になるも、大阪の陣などにも関わり以前毛利家の実権を握り続けるが1625年に73歳で死去した。

毛利輝元の詳細情報

  
  • 氏名:毛利輝元
  • かな:もうりてるもと
このエントリーをはてなブックマークに追加

毛利輝元が所属した家

毛利輝元が関連する戦

毛利輝元が登場した演じた俳優・ドラマ

トップへ戻る