センゴク!!! 戦国時代のDBサイト

加藤清正 ( 1562 - 1611 )

加藤清正

1562年、加藤清忠の子として尾張で生まれる。
1573年頃から近江長浜城主であった羽柴秀吉に小姓として仕え、秀吉の家臣として活躍する。
本能寺の変が起こると山崎の戦いに参加し、賤ヶ岳の戦いでは大きな武功を上げ「賤ヶ岳の七本槍」の一人としてと秀吉に評される。秀吉が関白に就任すると、従五位下・主計頭に叙任する。九州討伐に参加し、肥後国19万5,000石を与えられ熊本城を築く。
朝鮮出兵にも参加し活躍するが、秀吉の死後帰国。
豊臣家家臣の石田三成との不仲から五大老であった徳川家康に接近、防波堤であった前田利家が死去すると福島正則や浅野幸長とともに石田三成暗殺未遂事件を起こす。
関ヶ原の戦いでは東軍につき、九州で西軍勢力を破っていった。1610年、徳川家による尾張名古屋城の普請に協力や、二条城で行われた家康と豊臣秀頼との会見の調整などを行ったのち、帰国途中で発病し熊本で死去した。享年50歳であった。清正の発病は徳川家の毒殺との噂もある。

加藤清正の詳細情報

  
  • 氏名:加藤清正
  • かな:かとうきよまさ
このエントリーをはてなブックマークに追加

加藤清正が所属した家

加藤清正が関連する戦

1583年04月 賤ヶ岳の戦い
本能寺の変後、家中は羽柴秀吉と柴田勝家を中心に別れ、その両陣営が激突した戦いである。
1582年06月 山崎の戦い
本能寺の変を起こした明智光秀と、備中高松城から中国大返しで奇跡的なスピードで近畿に帰還した羽柴...

加藤清正が登場した演じた俳優・ドラマ

トップへ戻る